痛いニュースカテゴリの記事一覧

立川ハリウッド警察官殺人事件

警視庁立川署の友野秀和巡査長(40)が飲食店従業員、佐藤陽子さん(32)を射殺し自殺した事件は、佐藤さんのアパートへの無断侵入を訴えられることを恐れたことによる犯行だった疑いが浮上した。事件直前に佐藤さんは「ともちゃんはもううんざり。きょうは話したくない」とのメールを巡査長に送っており、ストーカー行為を責められて追いつめられた末に、佐藤さんを殺害した可能性が高い。佐藤さんの実家に警察官と名乗って電話し、佐藤さんの所在を確認していたことも判明。職権乱用の疑いも捜査する。

≪もううんざり≫

 立川署捜査本部によると、友野巡査長の携帯電話は送信メールがすべて消去されていたが、受信メールには佐藤さんからのメールが昨年11月以降、約430件残っており、今月分だけで42件あった。

 巡査長が佐藤さんが勤務する飲食店に通い始めたとみられる11月ごろのメールは、「交際があったと思われる」(警視庁幹部)ような親密な内容だった。

 だが、今年2月ごろからは、距離を置いたと感じるものと、そうでない内容のメールが混在。巡査長がストーカー行為を始めたとされる5月中旬以降は、「約束をしていたけど、行けなくなった」「自宅近くをうろつかないで」などと、関係を拒絶する内容のものが多かった。

 佐藤さんは今月18日から20日まで実家に帰省。18、19日はメールを送っていなかったが、18日夕に巡査長が佐藤さんのアパートを見張っているのを目撃されている。

 佐藤さんは、帰省から戻った20日午後7時ごろから事件直前の同9時50分ごろまでの間に6件のメールを送信。「放っておいて」「もううんざり」「むかつく」。内容はそれまでよりいっそう拒絶感の強い表現のもので、このやりとりが引き金となった疑いが強い。

≪パトカー≫

 「陽子さんを好きになってしまった」。巡査長は今年5月、佐藤さんの行きつけの飲食店店長に募る思いを告白した。「好きになった自分に悩んでいる」とも話し、好意がエスカレートして抑制がきかない自分に気づいていたフシもある。


 捜査本部が解析したメールから、巡査長は2月上旬、勤務中に制服姿のままでパトカーに佐藤さんを乗せて自宅に送ったほか、勤務中に何度も佐藤さんのアパートを訪れていた可能性が高い。

 佐藤さんの勤務する飲食店へも通いつめた。カード決済によるものだけで、11月16日〜7月6日までの間に20回で計63万円を支払っていたことが判明。平成16年9月の異動の際に申告した数百万円の貯蓄も使い果たし、口座には約22万円が残るのみで、カードローンも48万円あった。

 昨年11月にルイ・ヴィトンの商品2点(計12万7000円相当)を、6月中旬に高級果実を佐藤さんにプレゼントした。

 だが、巡査長は次第に「いい常連客」からストーカーへと変貌する。佐藤さんに1日何十回も電話をかけたり、佐藤さんが北海道旅行に出かけたことを知ると、帰りを待って羽田空港で待ち伏せし、佐藤さんから「何できたの。連絡もしてないのに」とのメールを送られた。

 「結婚していないか」「1人暮らしか」。佐藤さんの身上をしつこく聞かれた友人もいた。

≪やめてと言えない≫

 今年5月ごろ、ストーカー行為について、佐藤さんは知人に「気持ち悪い」と相談。勤務する飲食店に訪れた別の同僚警察官にも「(巡査長の)言動に悩んでいる」と相談していたというが、警察官が立川署に報告するなどした形跡は確認されていない。

 「お客さんだから(ストーカー行為を)『やめてくれ』とは言いづらい」。佐藤さんは知人男性に相談した際、こう打ち明けていた。6月上旬には母親にもストーカー被害を相談。母親は「警察官だから大丈夫でしょう」と伝え、佐藤さんも「そうね」と納得した。

 巡査長は佐藤さんの実家に電話をかけ、「立川署の警察官だが、陽子さんはどこにいますか」と話しており、捜査本部はこの電話やパトカーの利用は少なくとも職権乱用とみている。

                  ◇

≪友野巡査長と佐藤陽子さんを巡る動き≫

18年11月ごろ 佐藤さんの飲食店に通い始める
     同中旬 メールのやりとり開始。親密な内容
19年 2月上旬 パトカーで自宅に送ったと受け取れるメール。
         巡査長と距離を置きたがるような内容のメールが出始める
    5月ごろ ストーカー行為始まる。知人らに相談
     同中旬 関係を拒絶したがる内容のメールが増える
    6月上旬 佐藤さんが母親に電話で「立川署のお巡りさんに
         つきまとわれている」と相談
  8月15日 佐藤さんが飲食店に最後に出勤
    18日 佐藤さん実家に帰省。佐藤さんのアパート付近で
        巡査長らしき男がいるのが目撃される
    20日 午後8時ごろ佐藤さんが自宅に戻る。同7時以降に
        「うんざり」など拒絶するメール。同9時50分〜10時までの間に事件発生(産経新聞掲載)
 もっと詳しく
  ↓  ↓ 
ハリウッド的殺人事件

痛いニュースだねぇ・・・・痛いニュースだぁ・・・・

何が痛いって・・・私の働いてた店の近くじゃん

怖いねぇ〜ストーカー怖いよぉ

お客さんでもストーカーになりそうな人多いもんねぇ

ってか『枕』はやっぱダメよぉ

んで何が一番痛いって・・・

この警察官のやったことはストーカー行為。

例えば、被害者の部屋の監視!さらに無断で部屋に侵入してたらしいし・・・

挙句の果てに殺人!!!んで自殺!!!!!

あきれて物も言えないよぉ

そんなことしたのにも関わらず、警察官の遺族には退職金がでるんだってさぁ

何ですか?日本は殺人してもお金もらえるんですか??

いい仕事だねぇ!ヒットマンだよ!!!

まじ日本痛い痛い!!

痛いニュース・芸能ニュースにニューハーフがズバリ!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。