静岡男性殺害刺した少女は逃げるため? 縛られ車で徘徊

静岡県島田市で同県掛川市の会社員、松下宏樹さん(38)が腹などを刺され死亡した事件で、刺したことを認めている静岡市の美容師見習いの少女(15)が「事件前夜の帰宅途中に刃物で脅され、車で手を縛られた状態で県内を連れ回された」と詳細に話していることが分かった。
県警島田署は、少女が逃げるために刺した可能性が強いとみて調べている。

 供述などによると少女は3日深夜、自転車で帰宅途中、静岡市の安倍川河川敷で、松下さんにアイスピックなどの刃物で脅されて車に押し込まれ、手をひも状のもので縛られ、後部座席に座らされた。
車は島田市周辺などを走り、4日午前に現場付近に停車。
車中でアイスピックで刺されるなどしたため、少女はすきをみて車内にあった刃物で、松下さんの背中や腹などを刺したという。
 少女は松下さんを車外に出し、その後、通りかかった人に助けを求めて事件が発覚した。
少女は「殺されると思って刺した」などと話しているという。

 同署は島田市の病院に入院中の少女のけがの様子をみながら、さらに詳しい事情を聴いている。【毎日新聞掲載 浜中慎哉】

なんか毎日人が殺したり殺されたり・・・

あたしの子供のころは、殺人事件が起きたら大騒ぎだったのに・・・

日本はおかしぃよね?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。