中国食品・半数が不合格!!

2007年9月14日、安徽省工商局が発表した食品の品質検査結果によると、パン・ケーキ類の抜き取り検査合格率はわずか48.2%だった。

検査の結果、品質管理認証を受けた企業の製品に問題はなかったが、小規模のパン屋やケーキ工場などは設備が不十分で、検査機器さえないところが多く、おしなべて品質が悪いことがわかった。
検査対象となったパン・ケーキ類は製造場所で販売されていた58件で、このうち合格はわずか28件と半数に及ばず、不合格の原因は基準を超す防腐剤と微生物の数だった。【 その他の写真 】

国家基準では安息酸を添加してはならないが、一部の企業では保存料として使用していた。また原材料、製造、包装、保存などの工程での衛生管理に問題があるケースも多く、衛生観念に乏しい実態が浮き彫りとなった。(翻訳・編集/WF)

ほんと最近中国産は買えないわよぉ

スーパーで中国産だと敬遠しちゃうもんね

ってか生協でおいしい焼き鳥あったから、よく食べるんだけど・・

よく見たら中国産だったのぉ

すごいショック!!

また頼むか考えちゃうわね
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56171911
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。