押尾被告雑誌で”リベンジ”誓う

7日発売のファッション誌「エッジ・スタイル」で

押尾学被告が現在の心境を

「押尾学はもうすでに死んでいる」

「泉田、俺(おれ)の100万円を返せ」

と裁判で自身に不利な証言をした泉田勇介受刑者(32)への恨み節などを明かした。

一番彼らしい言葉は

「How will I survive?」(どうやって俺は生き残る?)

どんな罪を犯した人間でも、獄中では反省をすると言われているが、彼は未だに
『どうやって俺は生き残る?』
それしか頭にないようだ


保釈で祝杯


心のある人間ならば、保釈が決まり
『のびのびしたい』
なんて発言はできないはずである。
ましてや【祝杯】をあげるなんて・・・

ただただ田中香織さんのご冥福とご両親の心の平和が訪れることを願うばかりです。


冗談は獄中ノートだけにしてくれ

押尾学被告の獄中ノートはEDGE STYLE 09月号に掲載されている。

引用元:押尾学保釈って・・:最新芸能ニュース裏バージョン



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。