神戸高2刺殺

神戸市北区の路上で高校2年堤将太さん(16)が刺殺された事件で、一緒にいた交際相手の市立中学3年の少女(15)が、犯人の男が持っていた刃物について「20センチぐらいの長さだった」と話している。
堤さんの首や頭には複数の刺し傷があり、深さは最長7〜8センチに達していた。
何の恨みがあってこんなひどいことができるのだろうか、どんな人間だって『人の命を奪ってはいけない』
犯人は捕まっても、10年やそこらで出てきちゃうのも可笑しいよ
悪意のある人殺しと、事故(突発的な)の人殺しで刑の重さを変えるべきだよ。前者は無期・後者は時と場合によるけど・・明らかに押尾学は前者だね
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。